スポーツ用着圧タイツは今やスポーツマンのマストアイテム

スポーツ用タイツは様々なスポーツで年々利用者が増えています。

ランニング、野球、テニス、ゴルフ、サイクリング、登山など、あらゆるスポーツで使用されています。

きっとあなたの周りにもスポーツタイツを履いている方が1人や2人は居ることでしょう。

なぜスポーツタイツがこれほど人気なのでしょうか?

スポーツタイツの特徴と機能。

どのようなスポーツに向いているか。

人気ブランドやお勧め機種などについてなるべく分かりやすく解説しています。

スポーツ用着圧タイツが持つ5つの機能

①タイツと皮膚を密着させることにより筋肉の揺れを抑え、疲労が軽減

スポーツをするために身体を動かすと、筋肉が揺れますが(二の腕がプルプルのように)身体にピッタリとフィットしたスポーツタイツを履くことによって、太ももやふくらはぎの無駄な揺れを抑えます。

着圧タイツが筋肉の無駄な揺れを抑えることによって疲れを軽減します。

また筋肉を効率よくスポーツの動きに転化することによって、競技のパf-マンスアップに期待できます。

通常の保温目的のタイツと違いスポーツ用タイツは張りのある構造をしているのはこのためです。

②関節の負担を軽減

激しいスポーツは特に膝の曲げ伸ばしを頻繁に行いますが、着圧タイツが屈伸運動の補助役となってくれるため、膝への負担が少なくなります。

膝に不安のある方には嬉しい機能ですね。

また屈伸運動を繰り返し行うスポーツや、長時間の運動を強いられるスポーツをする場合にも膝の曲げ伸ばしのサポートをタイツがしてくれるため、疲労の軽減に役立ちます。

③ふくらはぎの段階的着圧によってふくらはぎのポンプ機能をサポート

心臓が血液を全身に送るポンプ役だとすれば、ふくらはぎは第2のポンプです。

血液を心臓から足の先へと送り届け、また心臓へと送り返す大事な役割を担っているのがふくらはぎ。

着圧タイツを履くことによって、血液を循環させるためのふくらはぎのポンプ機能をより強化させているのです。

スポーツ用着圧タイツには足首からふくらはぎにかけて徐々に着圧が弱くなるような設計となっています。

この段階的着圧機能によって足のポンプ機能を活性化させ、より血液が循環しやすくなり、血液中の酸素の循環や疲れの元となる乳酸を押し流す効果があります。

酸素が全身を循環し、老廃物が溜まりにくくなれば、長時間スポーツを行ってもパフォーマンスが落ちにくくなりますね。

④テーピング機能によって筋肉を保護

スポーツ用着圧タイツはよく見ると斜めに帯状のラインが入っていたり、他の個所に比べて素材に違いがあることが分かります。

スポーツの動きをサポートするからには曲がって良いところと曲がってはいけないところがありますね。

各社スポーツタイツを開発するにあたりコンセプトは異なるものの、筋肉の伸縮する部位とそうでない部位に差をつける必要があると考えました。

伸縮する個所には柔らかい素材を、そうでない箇所には固い素材を使用することによって筋肉を保護しています。

このように異なる素材のラインはまるで筋肉に沿って貼るテーピングテープのように見えることから、「テーピング機能」と呼ばれています。

テーピング機能を最初に取り入れたのはワコールのCWXというスポーツ用着圧タイツですが、今では他のメーカーもCW-Xに似た機能を取り入れていますね。

⑤吸汗速乾、UVカット機能

スポーツ時には汗をかきますが、スポーツ用着圧タイツには汗を吸収し、蒸散する素材が採用されているために、べたつかず快適な着心地を感じることができます。

気温の高い季節にタイツを履くなんて・・と思われる方もいるかもしれませんが、スポーツ用着圧タイツはそれほどムレを感じることはありません。

また屋外での活動時に気になる紫外線をカットする機能はほとんどのモデルに標準装備されています。

スポーツ用着圧タイツどんな人に向いている?

スポーツ用着圧タイツは身体の弱い箇所を補強する役割があります。

そのためスポーツでのケガを防ぎたい方、ケガの再発に不安を感じている方、身体の柔軟性が落ちてきたと感じる方、下半身の筋力が落ちてきた方にはスポーツ用タイツが大いに役に立ってくれるでしょう。

筋肉や関節に不安のある方にとって、思い切り踏ん張るのは怖いものです。

着圧タイツを履くことによって、不安を感じることなく思う存分スポーツを楽しめるようになり、自分の限界を底上げしてくれます。

特に中高年にとっては、スポーツ着圧タイツへの評価が高く、最も愛用者の多い世代です。

今まで恐る恐るプレーしていたのが着圧タイツを履くと恐れがなくなり、若いころのハツラツとしたプレーができるようになったという声もあります。

40代ともなれば、若い頃と同じように身体が動かないのは当たり前。

身体の疲れも抜けにくくなってきます。

せっかく始めたスポーツですからケガや疲労で中断なんてしたくありませんよね。

スポーツを続けることによって健康と若さを保ちたいと願う中高年層の方には特にスポーツ用着圧タイツをお勧めします。

スポーツ用着圧タイツをお勧めする人まとめ

  • ケガが怖くて思い切ったプレーができなかった人
  • 若いころの身体のキレを取り戻したい人
  • スポーツの疲労を軽減したい人
  • ひざ、腰に不安のある人
  • 長距離を走り切る筋力とスタミナを得たい人
  • 山道を歩く際の膝への負担を軽くしたい人
  • テニスの最初の1歩を速くしたい人
  • ふくらはぎのケイレンがクセになっている人
  • スポーツをする40代以上の全ての人

スポーツタイツのモデルによっては、スポーツほど激しく動かない家事や育児のサポートを目的としたタイツも発売されています。

腰や膝に不安を抱えている方の日常の動きをサポートする目的で使う人にも大いに役立ってくれるでしょう。

スポーツ用着圧タイツ 選び方のコツ

スポーツ用着圧タイツには様々なモデルが各社から発売されています。

数が多すぎて選びきれないと悩む方が多いと思うので、ここでは簡単にですが、どのような選び方をすれば良いのかを簡単にご説明します。

ケガの予防か、パフォーマンスUPか

多くのメーカーがスポーツ用着圧タイツを発売していますが、ケガの予防がメインなのか、それともパフォーマンスUPが目的なのかを決めおくと、どのようなモデルが自分に合っているかを選びやすくなります。

例えば膝と腰に不安があり、その箇所を強くサポートしたモデルの着圧タイツが欲しい場合は・・・

▶CW-Xジェネレーターモデル

などのサポート力が強いモデルを選ぶと良いでしょう。

また履き心地と動きやすさを重視して、スポーツのパフォーマンスを上げたい場合は

▶ミズノバイオギア8000

などの伸縮性が良く、動きやすいモデルを選ぶと良いですね。

どの個所をサポートして欲しいのか

各メーカーからいくつものモデルが発売されていますが、ほとんどのメーカーがサポートの強さ別に段階的なモデルをリリースしています。

このモデルは下半身全体を、このモデルは膝をメインに、このモデルは膝、腰を含め、下半身全体を強くサポートするモデル、という具合です。

価格もサポートの個所に比例して高くなる傾向にあるので、購入を検討しているならどのようなサポートが欲しいのかを決めておくと良いでしょう。

ブランドとデザインで選ぶ

コンプレッションウェアを選ぶにあたっては機能はもちろんですが、ブランドやデザイン面は気になるところですよね。

カラーについてですが、スポーツ用タイツのカラーはブラックがダントツに多いですが、カラーバリエーションが豊富なモデルもあります。

CW-Xにはレインボーカラーや、テーピングラインに色が入っているパターンがあります。

またミズノのBG8000はリバーシブルとなっているため、お気に入りのデザインや気分で表裏を選べるようになっています。

購入者の声には、周りの人たちが使っているから同じものを買った、ロゴがカワイイから気に入った、触った感触で決めた、などの声があります。

一定以上の性能があるものであれば、自分のお気に入りのデザインやカラーから選ぶのもアリですね。

 

スポーツ用着圧タイツを発売している代表的なメーカー・ブランド

【ワコール CW-X】

スポーツ用着圧タイツのシェア№1と言っても良いくらい人気なのがCW-Xです。

テーピング原理をタイツに組み込むという今までにない発想から開発されたウェア。

スポーツをする人だけでなく、身体を動かす全ての人のコンディションを整え、運動時の筋肉疲労、関節の負荷を軽減します。

CW-Xはスポーツのパフォーマンスアップというより、どちらかと言えば筋肉や関節の保護、ケガの予防に重点を置いている着圧タイツだと言えます。

▶▶CW-Xの詳細ページ

 

【ミズノ バイオギア】

動きやすさとサポート力の相反する性格を両立させ、ポテンシャルを最大限に引き出すことを目指し開発されたのがミズノのバイオギアシリーズです。

サポートする部位によって素材を変えて、適度な伸縮とサポートが得られるように設計されている非常に高機能なスポーツ用着圧タイツです。

バイオギアはCW-Xと比べると履き心地が柔らかく、締めつけもそれほどキツイ感じがありません。

軽くて動きやすい反面、サポート力はそれほど高くないので、締めつけられている感じが苦手な方には良いと思います。

▶▶ミズノ バイオギア(BG)の詳細ページ

 

SKIN’S

オーストラリアで生まれたSKIN’Sは大谷翔平投手をはじめ、世界中のアスリートが愛用しているグローバルなスポーツ用着圧タイツです。

SKIN’Sの特徴は何と言っても履き心地の良さでしょう。

生地が薄く、タイツの中では限りなく皮膚に近い感触があります。

また生地のつなぎ目をAシームという製法を採用し、伸びが良く動きやすさ抜群です。

もちろんスポーツタイツの持つ基本的な機能は搭載されていますので、安心して履くことのできるスポーツ用着圧タイツの1つです。

SKIN’Sのラインナップにはジャパンフィットモデルがあり、日本人の体形に合わせたモデルが発売されています。

▶▶SKIN’S(スキンズ)の詳細ページ

 

C3FIT

運動時や長時間の移動、むくみ対策まで幅広い用途で使用できるのがC3FITです。

C3とは、

Compression=運動機能の向上

Conditioning=身体機能のケア

Comfort=快適さ

の3つを追求したスポーツ用着圧タイツであることを表しています。

段階的着圧機能によって血液とリンパの循環を促進させ、運動効率を上げてくれるとても着心地の良いコンプレッションタイツです。

▶▶C3FITの詳細ページ

 

スポーツ用着圧タイツの口コミ

スポーツ用着圧タイツを初めて使用した方の口コミ一覧

●先日、奥穂高~槍ヶ岳登山に使用しました。適度な締め付けも心地よい感じです。

●テニスの試合には必ず着用しています。次の日に疲れが残りにくくなりました。

●今までは軽いジョギングすると時々ハムストリングの痛みが出ましたが、この商品を履いてから痛みは出なくなりました。

●トレッキングにもスキーにも使っています。疲れが大幅に減りました。こんなに違うんですね。

●ランニング時の膝の可動域は動きやすくなっており、サポート効果と相まってフォームが安定します。

●身体の動きにもキレが出て動きやすいです。